HOME > 髪が見た目年齢にもたらす影響

髪が見た目年齢にもたらす影響

実年齢よりも若く見える人、老けて見える人がいます。このような見た目年齢の差がなぜ生まれるのかをご存知でしょうか。その原因の一つとして髪が関係しています。こちらでは、髪が見た目年齢にもたらす影響についてご紹介しておりますので、是非ご覧下さい。

老けて見える髪

高齢者の髪は、薄毛で白髪があるというイメージをお持ちの方は多いでしょう。そのため、実年齢が若くても薄毛で白髪がある方は老けて見えてしまいます。薄毛や白髪の悩みを抱えている方は、高齢者だけではありません。老若男女を問わずにこのような悩みを抱えている方はいらっしゃいます。

また、同じ髪型・髪色でも、パサパサな髪質とツヤ・ハリがある髪質とでは見た目年齢に大きな差が生まれます。おしゃれのためにもパーマやカラーリングなどを繰り返している方は多いのですが、きちんとケアをしないと髪が多くのダメージを受けてしまい、パサパサで老けて見える髪質になってしまいます。

若々しく見える髪

薄毛と白髪が老けて見えることに対して、髪の量が多くて白髪がない髪は若々しく見えます。また、前髪やトップにボリュームがある髪型にすると、若々しいイメージを与えることが可能です。他にも、ツヤやハリがある髪質を保つことも重要になります。

美容室で行うトリートメントやカラーリングで髪にツヤを出すことが出来るので、いつまでも若々しさを保ちたいという方は、お肌のお手入れだけではなく髪のお手入れにもこだわることをおすすめします。髪質改善美容室のaromaでは、若々しく見える美しい髪を保ちながらおしゃれが楽しめるので、髪のダメージやボリュームでお悩みの方は是非ご利用下さい。

香川高松市にある髪質改善美容室aromaでは、髪に関する様々な悩み改善のサポートを行っております。薄毛や白髪、ハリのない髪などでお悩みの方は、髪質改善をすると自信が持てる髪を手に入れることが出来ます。ヘッドスパやフェイシャルマッサージなど様々なメニューもご用意しておりますので、お気軽にご利用下さい。


このページのトップへ